株式会社リバート|LIBERTE





東京花き共同荷受株式会社様


ambience_arrow01_BU.png生花中継伝票システム

システムの前提

  1. 入荷から仕分け、出荷までの時間が大変短く限定されており、入力及び伝票発行にスピードが要求されます。
  2. 新システム移行の負荷を最少とするため、伝票入力はコボルで作成された旧システムの画面レイアウト、 エンターキー、ショートカットキー機能等、同じ操作性を踏襲する必要があります。
  3. 本社に対する各種報告書の作成機能を必要とします。

システムの構成

概要図2.jpg

milk_btn_pagetop.png

システムの特徴


ユーザビリティ
  • 開発言語の違いによる標準キー機能を、ロジックの開発により操作の同一性を実現し、新システム移行の負荷を最少としました。(COBOL→VB.NET)
運用
  • システム構造、データベース設計をシンプルにする事により、システム運用が複雑にならないよう綿密な設計を重ね、運用の専門家を必要としないシステムを実現しました。
  • インターネットを介したリモートサポートにより、お客様とのスムーズなコミュニケーションやサポートを図ります。
安全性
  • データのバックアップを30日分確保し、データの安全性を高めました。

milk_btn_pagetop.png

画像一覧

※画像をクリックすると拡大することができます。

<ログイン画面> <メニュー画面>

WS000013.JPG

WS000018.JPG

<伝票入力画面> <納品書モニターリスト発行画面>

WS000014.JPG

WS000015.JPG

<請求書発行画面> <マスタメンテ一覧画面>

WS000016.JPG

WS000017.JPG